viognier18

Viognier 2018

Viognier 2018 ヴィオニエ
生産者:Les Vigneaux レ・ヴィニョー(アルデシュ地方)
品種:Viognier 100%

お馴染みのアルデシュ地方のレ・ヴィニョーの造るヴィオニエ種100%の白ワインです。
2018年は天候に恵まれ、素晴らしい出来となりました。

ほんのりとピンクがかった色合い、少し濁りがあります。
白桃などの熟した果実に、洋梨、ライチ、バナナといった南国系のスパイシーなアロマも混じり合います。ヴィオニエらしい香りの高さはありますが、柑橘系の香りが僅かに加わることで、アロマティックすぎず、ほどよい芳香です。
口に含むと、完熟した白桃をかじったような、ほんのり甘みを感じる風味が広がります。風味由来の優しい甘さで口当たりが柔らかく感じられますが、適度な酸が果実味を支えてバランスを整え、重たい印象がなく、かろやかに仕上がっています。心地よい甘さとフルーティーな味わいは、馴染みやすく、この本当に自然な味わいは、酸化防止剤を使用せず、しかも完熟した健全な葡萄を使用していることによると思われます。

暑い時期は冷やしてスッキリと、秋口には少し温度を上げて芳醇さや柔らかさを、というように温度により雰囲気の変化もお楽しみいただけます。

料理のおすすめとしては、甘みがある白身の魚やエビのお刺身、酢の物等の和食、スズキ、鯛などの白身魚のポワレ(蒸し焼き)などと相性がいいと思います。

ヴィオニエはアロマティックな味わいが特徴の品種です。しかし、リーズナブルなワインに多いのですが、アロマが強すぎて香料のように感じてしまうようなバランスのわるいものあります。このヴィニョーのものは、たっぷりと凝縮したニュアンスが有り、フィネスも備わっています。

さて、今回はヴィオニエとういうブドウ品種について少し書いておきます。
ヴィオニエはフランス南部のローヌ渓谷で主に栽培され、ローヌの産地コンドリューでは、この品種だけが法的に認められています。ローヌ以外でも、南北アメリカ大陸やオーストラリア、ニュージーランド、南アフリカのケープワインランド郡、イスラエルなどでも栽培されています。

シャルドネのように、ヴィオニエからは、比較的色も味も濃厚なワイン、いわゆるフルボディのワインを生み出すことができるとされています。シャルドネと大きく異なる点として、ヴィオニエはもともと桃や洋梨、スミレのような芳香に富んでいることが挙げられます。しかし、病気にかかりやすいことなどから一般に栽培が難しい品種であるとも言われており、収穫量に対するワイン生産量が高くない品種なので、経済的な大量生産には適さないと言われています。
フランスの他の地域ではヴィニョーのあるアルデシュ地方やラングドック地方での生産量が増えています。