Sylvaner16Frick

Sylvaner 2016

Sylvaner 2016 ジルヴァーナー
生産者:Pierre Frick ピエール・フリック(アルザス地方)
品種:ジルヴァーナー


アルザスのフリックのワインをご紹介します。

ジルヴァーナー種の葡萄100%で造られた辛口の白ワインです。

亜硫酸も無添加で完全なヴァン・ナチュールの造りです。色合いは淡い黄色です。香りは穏やかでフローラルでサフランのニュアンスを伴ったミラベル、洋ナシ等の黄色の果実のアロマが感じられます。口に含むと辛口で熟成感あるフェンネル(ウイキョウ)や酸味のある果物ラバーブ等の味わいがあります。アフターにはミネラル感とともにグレープフルーツの皮のような風味が残ります。
トータルな印象として、このワインは、ジルヴァーナーという品種が本来持っている瑞々しい果実味をよく表現していると言えます。ハム・ソーセージ類の前菜、刺身、生ガキなどとはピッタリでしょう。

ジルヴァーナー(フランスではジルヴァネールとも)という品種ですが、主にフランスのアルザスとドイツで栽培されている品種です。
しかしここ2-30年間、両国で人気がなくなり、栽培面積を減らしています。ドイツでは唯一フランケン地方で、現在でも主要品種として、特性を生かした造りで人気がありますが、他の地方であまり作られなくなったのは、乱造がたたり品質が極端に落ちたことが原因といわれています。アルザスでも、個性に乏しいワインと評価されることが多く、生産量が減ってきました。
しかし最近、一部の特級畑(グラン・クリュ)で、丁寧に造られたワインが高く評価されるようになり、土壌(テロワール)を活かした造りをするとその瑞々しい個性を発揮するということが分かってきました。

フリックをはじめアルザスのヴァン・ナチュールの造り手たちは、テロワールの特性を大切にする造りで、ジルヴァーナーの本来の味わいを復活させています。

試飲会にお越しいただき是非今回のさわやかなジルヴァーナーをお試しください。

ピエール・フリックとお母様