FrickGewurzMacération16

Gewurztraminer Macération 2016

Gewurztraminer Macération 2016 ゲヴュルツトラーミナー・マセラシオン 
生産者:Pierre Frick ピエール・フリック(アルザス地方)
品種:ゲヴュルツトラーミナー 100%


アルザスのジャン・ピエール・フリックさんの造るオレンジワインです。

原料品種はゲヴュルツトラーミナーです。「オレンジワイン」というのは通称で、フランスの造り手たちは、醸造法からとった「マセラシオン」とか、マセラシオンしたという意味の「マセレー」とかの呼び名を使っています。

「マセラシオン」とは「浸漬」又は「醸し」と訳されますが、色素やタンニンなどの成分を抽出させるために、種や果皮を漬け込むことを言います。この工程により、ワインの味わいに深みを与えるポリフェノール(アントシアニン色素,タンニン,芳香化合物)が抽出されます。
通常、赤い色素やタンニンを必要とするのは赤ワインなので、赤ワインのみで使われる工程ですが、最近の傾向といいますか、特に自然派の造り手の間では、白ワインでもマセラシオンするのが流行になっています。
ドイツでも近頃「オレンジワイン」が知られるようになってきました。しかし、中には自然派ワインとは「オレンジワイン」のことだと誤解している人も多いようです。あくまでも、特殊な方法であることは言うまでもありません。

さて、このジャン・ピエールさんが造るゲヴュルツですが、オレンジというよりは琥珀色に近い透明の色合いです。
少し香ばしいスパイシーな香りに、ライチや白桃の果実の香りがまざります。
口に含むと、酸は控えめですが、シャープなミネラルの上に上品な柑橘系の味わい、さらに心地良いタンニンも感じます。しっかりとしたボディで、軽い赤ワインを飲んでいるようなボリューム感もあります。

軽く冷やして、ハム、ソーセージ等や魚介類やグリル等の肉料理にも合いそうです。季節の味覚に添えて、独特の香りが心地良いこのワインを、是非味わっていただきたいと思います。