Doigts 2015

Cuvée Du bout des Doigts 2015

Cuvée Du bout des Doigts 2015 キュベ・デュ・ブ・デ・ドワ
生産者:Les Vigneaux レ・ヴィニョー(アルデシュ地方)
品種:ピノ・ノワール


アルデシュ地方のレ・ヴィニョーのピノ・ノワール100%の赤ワインです。
以前に2013年のものを出していましたが、今回は2015年が入荷しました。

彼らは三世代続くワインの造り手で、現在はクリストフとエレーヌの2人がワインを造っています。
畑は2001年からビオロジ ック、2009年からビオディナミに移行して、土地の力を最大限に生かす農法を実践しています。私は、初めて試した時から、彼らのワインの豊かな香りと、南の産地であるにもかかわらずきれいな酸が乗っている優しい味わいに魅了されました。

その個性が特によく表れているのがこのピノ・ノワール種のワインではないかと思います。
色は例年に比べ薄目ですが、中程度の赤色で、野イチゴなどの完熟した赤い果実の香りが豊かです。
口に含むと、僅かに舌を刺激するピリピリとしたガスと共に、良く熟した果実の味わいと優しい甘みが広がり、穏やかな酸が程よく乗っており、軽やかな飲み心地です。飲み込む頃に繊細なタンニンを感じます。

2015年は暑い年でしたが、収穫時期を8月中旬に早めたため、ボリューム過多な印象はありません。 南のピノ・ノワールと言うとジャムのように凝縮したイメージがありますが、彼らのスタイルは北のワインを思わせる冷涼感があり、栓を開けるとスルスルと1本飲んでしまうことがしばしばです。

白桃、カモミール、ハチミツの香り。ワインはフレッシュで、白いフルーツの繊細なふくらみと細く伸びやかな酸とのバランスが良く、余韻にミネラルのやさしい苦みが残ります。