Des l'aube19

Des l'aube 2019

Des l’aube 2019 デ・ローブ 
生産者:Les Vigneaux レ・ヴィニョー (アルデシュ地方)
品種:ヴィオニエ 100%

 

アルデシュ地方のヴィオニエ100%の白ワインです。
以前に2015年のものを出していましたが、今回は2019年が入荷しました。
樹齢25年の樹から収量を抑えて丁寧に収穫した完熟したブドウからつくられています。

ヴィオニエ(Viognier)は、フランス南東部ローヌ地方の北部地区で主に生産されているブドウ品種です。しっかりとした芳香が特徴的で、果実の華やかな香りとフローラルな香りがあると言われます。
ワイン通の方はミシュランで初めて三ツ星を獲得したという伝説のレストラン『ラ・ピラミッド・ド・フェルナン・ポワン』のシェフ、フェルナン・ポワン氏がシャトー・グリエ Chateau Grilletというワインと彼の料理とのマリアージュを熱心に広めたことをご存じではないかと思います。シャトーグリエはモンラッシェやイケムと並ぶフランス5大白ワインの一つに数えられますが、100%このヴィオニエ種から造られています。

ヴィオニエと言うとアロマティックな香りの強さで圧倒されてしまいがちなものが多い中、このヴィニョーのものは、アロマは控えめで、むしろ土壌から来るミネラルにより引き締まった味わいとなっていて料理に合わせやすいという印象を持ちます。

淡い黄金色。
香りは控えめですが、アカシアの花、バニラやナッツ等のフレーバーが混ざり合う非常にバランスのとれた印象を受けます。
口に含むとほのかに甘いタッチで、少しオイリーでまろやかな桃系の味わいに穏やかな酸、それにしっかりとしたミネラル感が印象的です。
アフターはフレッシュハーブなどの爽やかな香りとミネラル残る感じできっちりとまとまっています。

白身魚の蒸し物や、ウズラのあんかけなど、優しく旨みのある淡白なお料理と相性が良いです。
また、鶏の水炊きその他の鍋物にも寒い季節いいのではと思います。