A la fraîche…19/20

A la fraîche… 2019/20

A la fraîche… ア・ラ・フレッシュ 2019/20
生産者:Sylvain Bock シルヴァン・ボック(アルデシュ地方)
品種:ソーヴィニヨン・ブラン(2020) 85%、シャルドネ(2019) 15%


ローヌ地方アルデシュ地区のお馴染みの生産者、シルヴァン・ボックの造る、白ワインの新しいキュベが到着しました。

シルヴァンにとって昨年は生産量に恵まれなかった年になりました。
そこで友人のビオロジック生産者からソーヴィニョン・ブランの葡萄を分けてもらって、自分の畑の前年のシャルドネとブレンドしたキュベをリリースしました。

シルヴァンの畑にはないソーヴィニョンのきれいな酸との味わいの組み合わせは、新鮮な印象です。

ソーヴィニヨンは到着後すぐに圧搾し、ステンレスタンクで発酵させ、シャルドネの方は古樽で12か月発酵熟成させました。
ソーヴィニヨンの発酵が終わったあと、樽で熟成させたシャルドネとブレンドし、ステンレスタンクでさらに8か月熟成させ、フィルターにも掛けず、SO2も添加ぜずに瓶詰めしました。

黄味がかった色調。
香りの最初のアタックはミネラリックで、その後パイナップルやハーブの淡い風味が出てきます。
口当たりはフレッシュで、パイナップルの果実味とフレッシュな酸とミネラルが心地いいバランスです。

キュヴェ名“A la fraîche…”ア・ラ・フレッシュは、「朝の様に爽やかな時」という意味を含ませているそうです。

さわやかな飲み心地は魚介類に合いますが、食事前のアペロの時間にハム・ソーセージ類やパテなどと一緒に合わせるのもいいと思います。
夏のひと時にピッタリのワインです。