MAMAGOTO

ままごと

パリではヴァン・ナチュールを出すビストロやワインバーはますます増えて、どこも盛況ですが、最近は出す料理に変化が見られます。その一つの流れがアジア風味です。
以前にレポートした、フィリピンにルーツを持つ姉妹が経営する「セルヴァン」などが代表的です。それらの店はあくまでフレンチなのですが中華や韓国料理のフレーバーを持ったものを出す店も出てきました。
一方、日本人が料理するフレンチは、今パリではトップモードで、人気店が目白押しですが、ヴァン・ナチュールを出す店が多いのも特徴です。その中で今回は10区の東駅・北駅エリアに2016年に開店したMAMAGOTOを訪問しました。

MAMAGOTOとはフランス語の軽い夕食を意味するdînette (ディネット)という言葉が日本語では「ままごと」の意味もあることからつけられたそうです。土屋光治シェフ(下写真)が作るフレンチに和のフレーバーをほんのりと利かせた料理が、居酒屋風のメニュー構成になっている、というのがこの店の特徴です。土屋さんは日本でフレンチの研鑽を積んだ後、2008年に渡仏、名店「アストランス」等で働いたのち、フランス人と共同でこの店を立ち上げました。

訪問当日は、土屋シェフから直接料理の説明をお聞きして、おつまみ的なものから前菜、メインの肉と魚料理までいただきましたが、量の割にお腹にもたれないものばかりで、ワインも進み、快適な夕食の時を過ごせました。カツオ、たこ等の魚も、日本人ならではの新鮮な食材を使っています。

5 Rue des Petits Hôtels 75010 Paris

メトロ:4,5,7番 Gare de l’Est

Tel : 01 44 79 03 98

Tues-Friday: 12:00-14:30, 19:30-22:30

Saturday : 19:30-22:30

(営業時間はHPなどをご確認下さい)