TEL 069-438309

自然派ワインのご購入はドイツ国内のみで受け付けております。 ご注文はお電話、またはオンラインで購入ください。

「太陽と大地がある限りいつも私は畑にいる」 ジェラール・シュレールのこと

// 自然派ワインの生産者

2014/09/17

DSCN0628 会ったらいつも笑顔で迎えてくれるジェラールと話すと気分がなんだかおおらかになる。
そんなオーラを感じる人だ。

彼はアルザス訛りのドイツ語を話す。これがまた味があっていい。一方、パリに住んでいた日本人にきいたら彼のフランス語はドイツ語訛りでわかりにくいそうだ。

つまり、彼は生粋のアルザス人なのだ。彼の小学校時代はドイツ占領時代で標準ドイツ語を強制的に習わされた。ドイツ人の先生から「お前は明日からジェラールではなく、ゲルハルト(ドイツ語読み)だ。」と言われても、あくる日にはアルザス訛りで「僕、やっぱりジェラール」と言い張った頑固なアルザス少年だった。

その頑固さで後には化学肥料、除草剤万能の時代にあっても、周りから変人扱いされても全くそれらを使わず、ひたすら畑で耕作に明け暮れて、健全で生態系の保たれた畑を守り抜いた。シュレールで6年間働いて独立した鏡健二郎は僕にいつも言っていた。ジュラールは人生の先生で、2番目の父親だと。

いつも畑にいて、大地と太陽と共に、いや、自然と一体となって働いている彼。しかし、「自然はいつも恵みをくれるわけではない、一本もワインが出来ない年もあった。あの時は大変だった。」とも話してくれた。でも、かれはそんな自然と共にする人生を愛している。毎週日曜日にはミサに欠かさず通う(下の左の写真の珍しい背広姿は教会帰り。)敬虔なカトリックで、奥さんを亡くした孤独で病気がちの友人の話し相手になりに毎週通う優しい人でもある。こんな人があの素朴で自然の恵みを感じるワインを造っている。ジェラールに会うと自然のエネルギーをいつももらって帰る。また、会いに行こうと思う。 DSCF7700




  • 最新の自然派ワイン情報

  • カテゴリー

  • ページタグ

  • オーガニックの先へ、伝統的な制法で作られる
    自然派ワインを飲んで、ナチュラルな時間とライフを。